【オリックス】育成ドラフト5位・佐野如一を支配下登録

スポーツ報知
支配下登録されるオリックス・佐野如一

 オリックスは23日、昨年の育成ドラフト5位・佐野如一外野手(22)を支配下選手として登録することを発表した。推定年俸は500万円。

 佐野如は茨城県出身で霞ヶ浦高、仙台大を経て昨年の育成ドラフト5位で入団したルーキー。広角打法の中距離打者で50メートル走6秒0の走力に加え、守備力も高く将来的なレギュラー候補として期待されていた。2月の宮崎春季キャンプでは若手やベテラン中心のB班スタートだったが、A班合流も経験。終盤の実戦でも出場機会を得ていた。

 3月に入ってからは教育リーグなどでアピールを重ね、14日の西武戦(京セラドーム大阪)に途中交代でオープン戦初出場。18日の楽天戦(静岡)、19日の阪神戦(京セラドーム大阪)では2試合連続で先発出場も果たし、通算11打数4安打、打率3割6分4厘、1盗塁を記録した。

 佐野如は球団を通じて「プロ野球に入ってから1つの目標だった支配下選手になることができて、率直にうれしいです。これまで野球を続けてきた中で、お世話になった方々に感謝の気持ちを伝えたいと思います。支配下登録をしていただいたのでチームの戦力になれるように、支配下にして良かったと思っていただけるような活躍が1軍でできるように、これからも頑張っていかないといけないなと思います。ファンの皆さんには全力で必死にプレーしている姿を見ていただきたいですし、持ち味であるフルスイングを見てほしいと思います」とコメントした。

 中嶋監督は「守備力があって、足もある。結果を出した中で、しつこさのあるバッティングも見せてくれた。これから(支配下登録されて1軍でも)普通に出られるわけで、ガムシャラさをそのまま出してくれれば」と期待した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×