高橋尚子理事、一体感醸成への発信方法考える…12人の女性理事が五輪組織委理事会参加

高橋尚子理事
高橋尚子理事

 東京五輪組織委は22日、都内で理事会を開催し、橋本聖子会長(56)が就任後に、ジェンダー平等の観点から新たに選出した12人の女性理事が参加。シドニー五輪女子マラソン金メダルの高橋尚子理事(48)も初出席した。

 高橋理事はこれまで組織委のアスリート委員長として活動してきた経験から、選手の心情を代弁。コロナ禍で五輪への思いをストレートに言葉に出しづらい状況を踏まえ「今の東京大会は社会の人たちと気持ちが少し離れている。(五輪で)頑張ります、と今言うのは批判の的になったり、『やることが前提?』となる難しい局面」と指摘。「アスリートは自分たちが特別とは思っていない。気持ちを一つにしていくことが大切。組織委、アスリート、社会の3つをしっかりとつなげられる発信をしていければ」と、一体感を再び高めるために活動していく考えを明かした。

 今回の理事会ではジェンダー平等推進チームの活動内容の報告を受け、活発な意見交換もあった。「5年後、10年後にスポーツ界が変わったと言える大会になるよう、着実に進んでいる」。また、海外からの観客受け入れを正式に断念したことについては「今と2000年(シドニー五輪)の状況は全く違う。英断と感じている」と支持した。(太田 倫)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請