飛び込み男子・14歳の玉井陸斗、五輪切符懸かる4月のW杯へ「メダル争いをしたい」

オンライン取材に応じた玉井
オンライン取材に応じた玉井

 男子高飛び込みのホープ・玉井陸斗(14)=JSS宝塚=が22日、オンライン取材に応じ、東京五輪代表最終選考会を兼ねた4月のW杯東京大会(18日~23日、東京アクアティクスセンター)へ「まずは五輪出場権を獲得し、決勝に進んでメダル争いをしたい」と決意を語った。同大会で準決勝18位以内に入れば、五輪代表に内定する。

 昨年12月の練習で左肘に痛みが生じ、現在は10メートルの種目練習の本数を1日20~30本から多い日で6本程度に減らすなどして調整し、順調に練習を積む。また、成長期で昨年9月から身長は3センチ伸びた。上半身を中心とした筋力トレーニングの量を増やしたこともあって、体重は5キロ増の51キロとなり「筋肉がついたことによってジャンプの高さや宙返りのスピードを保つことができている」と手応えを感じている。

 コロナ禍で五輪の1年延期決定からまもなく1年となる。この1年で競技へのモチベーションの維持において「あんまり練習に集中できないこともあった」と苦しんだこともあったが、延期で得た時間を「プラス」と前向きに捉えているという。まずは五輪切符獲得を目指し、状態を上げていく。

コラムでHo!とは?
 スポーツ報知のwebサイト限定コラムです。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請