競歩男子20キロ川野将虎2位も五輪見据えた6キロ付近のスパート

男子20キロ競歩で競り合う川野(左)と高橋
男子20キロ競歩で競り合う川野(左)と高橋

◆陸上 全日本競歩能美大会(21日、石川・能美市日本陸連公認コース)

 男子20キロで、東京五輪50キロ代表内定の川野将虎(22)=東洋大=が1時間21分1秒の2位に入った。初優勝した五輪20キロ代表の高橋英輝(28)=富士通=とは中盤まで激しく先頭争いを見せ、6キロ付近では急激にペースアップして高橋を振り切り、単独トップに躍り出る場面もあった。細野友司記者が、五輪本大会にも通じる積極的なペースアップの意義を「見た」。

 「その1秒をけずりだせ」。東洋大のスローガンに、川野は最後まで忠実だった。大学最終戦は高橋と42秒差の2位。ゴール後は過呼吸の症状が出るほど、自分を追い込んだ。「優勝して最高の恩返しはできなかったけど、課題は多く見つかった。五輪へ課題を修正して臨むのが、今後できる恩返しになる」とうなずいた。

 6キロ付近のスパートが、可能性を感じさせた。1キロ4分ペースから、一気に15秒ほど上げて高橋を引き離した。13キロ付近で逆転されたが「五輪で揺さぶりに対応できるように、自分からレースを動かすチャレンジ」と川野は胸を張った。国際大会はペース変動の中、先頭集団が絞り込まれる。暑熱下の消耗戦となる東京五輪も、激しい上下動があるだろう。今村文男・五輪強化コーチは「ペースの切り替え能力を確認できた。どの程度上げたら後半スタミナがもつか、判断材料にもなったのでは」と評価した。

 酒井瑞穂コーチによれば、今大会は「50キロの練習をして疲労が残った状態」だった。それでも、このキレ味。50キロ日本記録を持つ22歳が万全に仕上げればメダルの期待も膨らむ。「東洋大の4年間で、目標が五輪『出場』から『勝ちにいく』に変わった」と川野。戦う準備は着実に整っていると確信した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請