春の「高校駅伝」男子は洛南が初優勝 V貢献の4区区間賞・佐藤圭汰に箱根駅伝上位校のスカウト陣が熱視線

伊那駅伝男子で優勝した洛南のアンカー柴田大地
伊那駅伝男子で優勝した洛南のアンカー柴田大地

◆陸上 ▽春の高校伊那駅伝男子(21日、長野・伊那市陸上競技場発着=6区間42・195キロ))

 1、2年生が参加し、春の高校駅伝日本一決定戦と位置づけられる大会で、洛南(京都)が2時間7分38秒の大会新記録で初優勝した。3区終了時点で首位の学法石川(福島)と32秒差の2位でタスキを受けた佐藤圭汰(2年)がエース区間の最長4区(9・1キロ)で日本人最高記録を更新する25分31秒の区間賞で先頭に立ち、そのまま逃げ切った。2位は学法石川、3位は世羅(広島)だった。

 洛南のエース佐藤圭汰は2年生ながら5000メートル13分53秒36の自己ベストを持つ。昨年の全国高校駅伝3区でも日本人トップの区間5位と快走し、2時間2分7秒の日本高校最高記録(外国人選手を含まない最高記録)で3位入賞に貢献した。

 この日は雨の中、9・1キロを25分31秒で走破し、区間2位に47秒の大差をつけた。下り基調であるが、同じペースで残り0・9キロを走った場合の10キロ換算は驚異的な28分3秒となる。新3年生世代NO1の佐藤の走りをチェックするために、駒大、創価大、東洋大、青学大、東海大など今年の箱根駅伝上位校をはじめ、多くの大学の監督、コーチ陣が集結した。強豪校のスカウトは「今季、5000メートルと1万メートルの日本高校記録(5000メートル13分34秒74・石田洸介=群馬・東農大二高=、1万メートル(28分7秒39・佐藤悠基=長野・佐久長聖)を更新する可能性もありますね」と、その潜在能力を高く評価した。

 主催者は緊急事態宣言が21日まで延長された首都圏の1都3県の高校に出場自粛を要請。東京、埼玉、千葉、神奈川の高校を除く全国のほとんどの有力校が参加した。昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止され、2年ぶりに開催。大雨の中、熱戦が繰り広げられた。

 5区間21・0975キロで争われた女子は大阪薫英女学院(大阪)が1時間11分52秒で4大会、5年ぶりに優勝した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請