【横浜M】選手2人がコロナ 濃厚接触者なしで松原健らは代表参加

スポーツ報知
 

 J1の横浜Mは20日、選手2人が新型コロナウイルスの検査で陽性判定を受けたと発表した。選手名は公表していない。21日の第6節は、対戦相手のG大阪での集団感染により、既に中止が決まっている。18日に選手1人が発熱と体調不良を訴え、19日のPCR検査で感染が判明。19日の練習後、選手、スタッフら計52人にPCR検査を実施し、新たに1人の陽性が確認された。この選手は無症状。2選手は保健所の指導の下、適切に対処しているという。

 当該選手の行動履歴から、保健所及びJリーグの定める基準で「濃厚接触者はなし」と認定。20日のPCR検査でも、2選手を除く51人の陰性が確認された。日本代表にDF松原健とDF畠中槙之輔、U―24日本代表にMF渡辺皓太が招集されているが、現状では代表に参加する。27日のルヴァン杯・広島戦(ニッパツ)含めてチーム活動は従来通りに行う。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請