【横浜M】トップチーム2選手がコロナ陽性判定 濃厚接触者なし

スポーツ報知
 

 横浜Mは20日、トップチーム選手2人に新型コロナウイルスの陽性判定が確認されたと発表した。

 クラブによると、当該選手Aは18日に体調不良を訴え、19日にPCR検査と抗原検査を受診。同日に陽性判定を受けた。これを受け、トップチームで19日の練習後、監督、コーチ、選手、スタッフの計52人に対してクラブ独自のPCR検査を実施した。その結果新たに当該選手Bの陽性が確認された。当該選手Bについては直近の体温は平熱、無症状だった。2選手ともに保健所の下で適切に対処を行っている。

 これにより、クラブは20日の練習前に計51人のPCR検査を行い、全員の陰性判定を確認した。また、保健所及びJリーグ独自の濃厚接触疑い基準によって、2選手の行動歴からクラブの選手、スタッフ、クラブ事業スタッフ、アカデミー、スクールコーチ、スタッフの中に濃厚接触者はなしと判断を受けたことも併せて発表した。

 21日のG大阪戦は中止となっている。22日以降は従来通りの活動を行っていく。クラブは「これまでも最新の注意、準備のもとで新型コロナウイルス感染症対策を実施してまいりましたが、保健所の指導の下、対策を再度周知徹底してチーム活動を実施します」とした。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×