牡馬の第一弾(栗東)

 こんにちは、山本です。今日も栗東からのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか♪

 さて、つい先日のこと。何げなく見ていたテレビ番組、「東大王」でジャスコと呼ばれている東大生の子がいたんですよね。ジャスコ?何か聞いたことがあるなと思ったら、思い出したんですよ。ジャスコって、大分県に昔あったスーパーマーケットのチェーン店。いや~、懐かしいと思っていたら、昔の記憶が徐々によみがえってきて、ジャスコと同じようなスーパーマーケットにニチイという名前のお店もあった。この2店、いずれも現在のイオンに吸収されたようですが、小学生の記憶が脳裏をよぎって…。

 大分県では今も昔も「トキハ」と書いて「ときわ」と呼ぶデパートが一大勢力を誇っています。いっぱいあります。子供の頃ねぇ、このトキハの本館が9階立てなんですけど、そのせいで10階以上の建物に対する憧れが結構強かったんですよ。で、大学に入った当初、わずか6畳ほどの一部屋だったんですけど、マンションの11階にある部屋を借りた時は、少しだけ喜びを味わえたモノ。まぁ、今は一階に住んでおりまして、随分と懐かしい思い出です。

 ということで、そろそろ本題へ。今日は明日の競馬、中山で行われる皐月賞トライアル、スプリングSの話からいきましょうか。ここは松永幹厩舎から【ヴィゴーレ(牡、父キズナ)】が参戦。この馬、松永幹調教師は道悪適性に関しては、手応えを持っているようでしたよ。そうそう、松永幹厩舎といえば、当ブログで何度も触れてきた【マテンロウエール(牡、父ロードカナロア)】がついに帰ってきます。実はこの馬、明日の紙面上のコラムに書いているので、詳しくはそこを見てほしいのですが、横山典Jで大寒桜賞に向かいます。

 さて、スプリングSを前に、皐月賞を想定した牡馬ボーダーラインを整理したいと思います。

優先=報知杯弥生賞ディープインパクト記念〈1〉

タイトルホルダー(牡、父ドゥラメンテ)】=美浦・栗田

優先=報知杯弥生賞ディープインパクト記念〈3〉

ダノンザキッド(牡、父ジャスタウェイ)】=栗東・安田隆

優先=若葉S〈1〉

アドマイヤハダル(牡、父ロードカナロア)】=栗東・大久保

優先=若葉S〈2〉

シュヴァリエローズ(牡、父ディープインパクト)】=栗東・清水久

〈5〉【ステラヴェローチェ(牡、父バゴ)】=栗東・須貝、3400万

〈6〉【ラーゴム(牡、父オルフェーヴル)】=栗東・斉藤崇、2900万

〈7〉【エフフォーリア(牡、父エピファネイア)】=美浦・鹿戸、2800万

〈8〉【オーソクレース(牡、父ディープインパクト)】=美浦・久保田、2600万

〈9〉【レッドベルオーブ(牡、父ディープインパクト)】=栗東・藤原英、2300万

〈9〉【グラティアス(牡、父ハーツクライ)】=美浦・加藤征、2300万

〈11〉【ディープモンスター(牡、父ディープインパクト)】=栗東・池江、2100万

〈12〉【ホウオウアマゾン(牡、父キングカメハメハ)】=栗東・矢作、1750万

〈13〉【ヨーホーレイク(牡、父ディープインパクト)】=栗東・友道、1650万

〈14〉【ヴェイルネビュラ(牡、父ロードカナロア)】=美浦・大竹、1600万

〈15〉【ヴィクティファルス(牡、父ハーツクライ)】=栗東・池添学、1150万

〈16〉【ランドオブリバティ(牡、父ディープインパクト)】=美浦・鹿戸、1000万

 報知杯弥生賞ディープインパクト記念2着の【シュネルマイスター(牡、父Kingman)】はマイル路線に向かうとのこと。ここにスプリングSで優先出走権を取った3頭が入るワケで、ヴィクティファルスあたりは今回が本当に勝負駆けと言えそうな雰囲気。ただ、来週には好メンバーと評判の毎日杯もある。さてさて、これからどうなるか、です。

 さて、今朝は午前4時からトレセンで仕事をしていたんですが、音無厩舎でいつもお世話になっている生野助手と話していたんですが、「今日、2歳馬が入ってきますよ」と。一昨年のセレクト当歳セールでダノックスが1億80000万円で落札した【タミーザトルピードの19(牡、父ディープインパクト)】と、【レッドバロッサ(牡、父ドレフォン、母モスカートローザ)】の2頭。音無厩舎で3月入厩っていうのも驚いたんだけど、タミーザトルピードの19の方は音無調教師の期待度がかなり高いという話を聞いていたから。それが一番乗りで入ってくるとは…。これは話を聞きにいかないといけません。

 栗東では他にも池添学厩舎に、半兄に京都2歳S勝ちのベルラップを持つ【グーデンドラーク(牡、父ハーツクライ、母ベスルリーブ)】と【オルテンシア(牡、父ダイワメジャー、母ラファダリ)】などが入厩。徐々に緑ゼッケンが増えてきました。

 では、ネット限定「厳選馬」をどうぞ。

中山9R・8ミスニューヨーク(好きなんです、この馬。ここはかなりのいいメンバーですが、「前走時よりも動けています。今度こそですね」という杉山晴調教師の言葉を素直に信頼)

 続いては「馬券王への道 延長戦」でございます。

阪神8R・5ノブフランクリン(鮫島駿Jが能力を評価&距離短縮で魅了を感じている)

阪神10R・13ヨドノビクトリー(脚抜きのいい馬場はカギも、速くなりそうなメンバー&外めの枠なら差し届く)

中京10R・7ゲンパチミーティア(陣営に早くから芝の方がいいかも、と聞いていた馬。時計がかかる馬場状態も合いそう)

 今日はここまで、また次回です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請