【DeNA】京山将弥が開幕ローテ入り決定「良い状態を継続して開幕を迎えられるように」

スポーツ報知
京山将弥

◆オープン戦 西武1―5DeNA(19日、メットライフドーム)

 DeNA・京山将弥投手(22)が、1点リードの5回から2番手で登板。4イニングを投げて2安打無失点、3奪三振の好投を見せた。最速は151キロをマークし、開幕ローテ入りが決まった。

 5~7回の3イニングは四球こそ許しながら、無安打投球。8回も2安打を浴びながら、本塁は踏ませなかった。オープン戦は3試合の登板で無失点の防御率0・00で、練習試合を含めた対外試合では15イニング連続無失点。「ランナーを出してしまいましたが、カットボールの調子が良く要所要所で粘ることが出来ました。良い状態を継続して開幕を迎えられるように、これからも練習をしっかり取り組んでいきたいです」と振り返った。

 三浦大輔監督(47)は「ずっと安定した投球をしている。立ち上がりぶれていたけど、試合の中で修正していた」と評価。開幕ローテ入りについても「ローテーションには入ります。去年から(2軍で)ずっと見ているけど、順調にレベルアップしているなと思って見てます」と明言した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請