【楽天】田中和基、開幕アピール弾 小郷と右翼争い

8回1死一塁、右越えに2ランを放った楽天・田中和
8回1死一塁、右越えに2ランを放った楽天・田中和

◆オープン戦 楽天7―2オリックス(18日・静岡)

 楽天・田中和基外野手(26)が18日、オリックスとのオープン戦に「8番・中堅」で出場。8回に今季1号2ランを放ち、開幕スタメンを猛アピールした。

 高々と舞い上がった田中和の打球は右翼席で弾んだ。4―2の8回1死一塁で左打席に入り、相手にトドメを刺す一撃。「手応えは完璧でしたが、逆風だったので、入るか不安になりました」との言葉を残したが、パワーを見せつけファンの拍手に包まれた。1点を先取された直後の2回1死満塁の場面では、厳しいコースに来た外角のシュートを打ち、併殺打に倒れた“汚名返上”にも成功した。

 開幕スタメンは、左翼の島内とオープン戦で首位打者争いを演じる辰己の中堅は埋まり、実質的に小郷との右翼争いが佳境に入っている。ライバルの小郷はこの日、5打数1安打で打率3割をキープ。それでも、田中和自身は「あまり開幕や他の選手を意識はしていません」と泰然自若の精神を貫く。

 19日からのヤクルト、巨人3連戦(神宮、東京D)で、サバイバル最終ラウンドのゴングが鳴る。「自分の実力がいきなり上がることはないので、今出せる力を精いっぱい出していきたい」。18年新人王は足元を見つめ、5年目のシーズンへと向かう。(長井 毅)

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請