桃田賢斗、2回戦もインド勢に貫禄ストレート勝ち…430日ぶり復帰戦に続き快勝

桃田賢斗(AP)
桃田賢斗(AP)

◆バドミントン 全英オープン 第2日(18日、バーミンガム)

 男子シングルス2回戦で、世界ランク1位の桃田賢斗(26)=NTT東日本=は、同31位のプラノイ(インド)を21―15、21―14のストレートで下し、19日の準々決勝に進んだ。

 第1ゲームは、6―6から3連続、9―7からも3連続で得点してたたみかけ、主導権を握って先取。第2ゲームも9―11とリードを許した展開から、逆転でストレート勝ち。昨年1月の交通事故以来、国際大会で430日ぶりとなる白星を飾った1回戦に続いてインド勢の挑戦を退け、世界王者の貫禄を示した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請