マイル路線も注目です(栗東)

 こんにちは、山本です。今週は木曜からのスタートで、栗東に居残ってのパッチパチ。早速、行ってみましょうか♪

 さて、最近は木曜恒例になりつつある、よくない傾向ですが、前振りゾーンは省略とさせていただきます。何せ西中心の3場開催、忙しいんです、木曜日は…。

 そうそう、先日のこと、矢作調教師に先週の前振りで書いた「S社のNって誰だ?」と聞かれまして、相変わらず当ブログを前振りまで見ていただいている、本当にありがたいヘビーユーザーです。その中で基本的に女好きと書いたD社のOクンについて、「あれは可哀想だろ」と指摘を受けたんですが、彼は前日にも学生時代から続けてきた合コン武勇伝を先輩のワタクシにたっぷりと聞かせていたぐらいですからねぇ。さすがのセンセイの指摘でも、謝罪するつもりにはなれず、苦笑いで返しておきました。

 というのに、忙しいのに何を書いてるんだと自分自身を戒めつつ、そろそろ本題へ。そうそう、矢作調教師にも先日、2歳馬の取材をさせていただきました。現在、まとめている途中で、更新はもう少し待っていただきたいんですが、予想通りのエラいラインアップです。来週あたりから少しずつは、と思っています。

 まずは3歳馬情報。池江厩舎でマイル路線を表明していました【グレイイングリーン(牡、父ディープインパクト)】なんですが、アーリントンCへ向かうことが決まりました。鞍上は引き続き、岩田望J。「リフレッシュ放牧中ですが、しっかり乗り込んでいます。中山より阪神コースの方が合うんじゃないかな。直線が長い方がいいと思う」と池江調教師は話していました。

 アーリントンCには他にも橋口厩舎で先週の未勝利を勝った【サトノラムセス(牡、父ルーラーシップ)】も参戦を予定。橋口厩舎でいえば、あすなろ賞2着の【グラティトゥー(牡、父エピファネイア)】が大寒桜賞を予定しているとのことです。

 続いては友道厩舎の細かいネタを。ゆきやなぎ賞で2勝目を挙げた【レッドジェネシス(牡、父ディープインパクト)】は引き続き、川田Jで京都新聞杯に向かいます。中山の平場で3着だった【ジュンブルースカイ(牡、父ドゥラメンテ)】、阪神の平場で5着だった【デルマヤクシ(牡、父オルフェーヴル)】は桜花賞デーの平場(芝マイル)に2頭出しとなるようです。あと、アザレア賞に出走する【レイオブウォーター(牡、父ディープインパクト)】は吉田隼Jが騎乗します。

 さて、2歳馬情報も少々。実は今週から結構、2歳取材を進めているんですが、今日の取材で2厩舎から今週、2歳馬が入ったという話を聞きまして、そのお話を軽くお伝えしたいな、と。今日は入った情報だけお伝えして、詳しい話は次回以降とさせていただきます。まずは須貝厩舎に本日入ってきたのが【プルプアレイ(牡、父イスラボニータ、母マイジェン)】です。こちらは厩舎にいるサトノゴールドの下ということになりますね。

 あと、斉藤崇厩舎にも昨日、2頭入ってきました。【キラーアビリティ(牡、父ディープインパクト、母キラーグレイシス)】と【ウィーミスフランキーの19(牡、父ダイワメジャー)】です。この紹介した計3頭、共通しているのが各調教師の評価が非常に高かったということ。やはり、早めに入れる馬というのは、それだけ順調という証なのかもしれませんね。ということで、今日はここまで。また、明日です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請