男子走り幅跳び・橋岡優輝5本ファウルに「やらかした」も22年ぶり室内日本新で優勝

男子走り幅跳び(決勝)5回目の跳躍で8m19の室内日本新記録を更新した橋岡優輝は記録ボードの前でカメラに向かって笑顔を見せる
男子走り幅跳び(決勝)5回目の跳躍で8m19の室内日本新記録を更新した橋岡優輝は記録ボードの前でカメラに向かって笑顔を見せる

◇陸上 日本室内選手権 最終日(18日、大阪市・大阪城ホール)

 男子走り幅跳び決勝で、19年ドーハ世界陸上8位の橋岡優輝(22)=日大=が8メートル19の室内日本新記録で優勝した。4回目までファウルが続いたが、5回目は、ほぼ完璧な踏み切り。橋岡を指導する森長正樹コーチが99年に樹立した8メートル07を12センチも上回るビッグジャンプで、大学最終戦に花を添えた。

 今季初戦で大記録を打ち立てたが「計5本ファウルしたのは『やらかしたな』と思った。室内日本新は出たが、自分も納得できるような結果を出せるような屋外シーズンを送りたい」と慢心はない。室内での試合ということもあり、路面は平坦ではなく、助走距離も屋外と同じようには確保できないなどの要素もある中で修正。場面に応じた冷静さも兼ね備えている。

 4月からは実業団・富士通で競技を続ける22歳。今後も拠点は日大とし「まずは8メートル40の日本記録更新を目標に、五輪メダル獲得へ頑張りたい」と見据えた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請