橋岡優輝が22年ぶり室内日本新 走り幅跳びで8m19マークし恩師越え

男子走り幅跳び(決勝)5回目に8m19で室内日本新記録を更新した橋岡優輝の跳躍(カメラ・竜田 卓)
男子走り幅跳び(決勝)5回目に8m19で室内日本新記録を更新した橋岡優輝の跳躍(カメラ・竜田 卓)

◇陸上 日本室内選手権 最終日(18日、大阪市・大阪城ホール)

 男子走り幅跳び決勝で、19年ドーハ世界陸上8位の橋岡優輝(22)=日大=が8メートル19の室内日本新記録で優勝した。

 4回目までファウルが続いたが、5回目はほぼ完璧な踏み切り。 橋岡を指導する森長正樹コーチが99年に樹立した8メートル07を12センチも上回るビッグジャンプで、大学最終戦に花を添えた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請