女子走り高跳びは徳本鈴奈が大会新V 行きつけ韓国料理屋での出会いで進化

スポーツ報知
徳本鈴奈

◇陸上 日本室内選手権 最終日(18日、大阪市・大阪城ホール)

 女子走り高跳びは昨年の日本選手権2位の徳本鈴奈(友睦物流)が1メートル77の大会新記録で制した。1メートル80の自己記録には及ばなかったが「全国では初めての優勝で、純粋にうれしかったです」と笑顔を見せた。

 オフシーズンにはウェートトレーニングや走りの基本動作を見直したほか、メンタルトレーニングにも着手。ヨーガ療法と呼ばれる呼吸によって筋肉の緊張をほぐし、パフォーマンス向上につなげるというもので、「(拠点としている)沖縄で、行きつけの韓国料理屋さんでヨーガ療法の先生との出会いがありました。そのおかげもあって、ここまでいい流れで来られた。素晴らしい出会いに感謝しています」と明かした。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請