【横浜M】徳島破りホーム通算250勝 誕生日迎えたDFチアゴ「2試合連続無失点大きい」

スポーツ報知
   

◆明治安田生命J1リーグ ▽第5節 横浜M1―0徳島(17日・ニッパツ)

 横浜Mは今季からJ1に昇格した徳島をホームに迎え、1―0で下した。前半10分。FW前田大然が前線で相手のセンターバックにプレスをかけてボールを奪うと、一気にペナルティーエリア付近まで駆け上がり左足で豪快に突き刺した。4戦連発となる今季6ゴール目が決勝点となり、チームは3連勝を飾り、ホーム通算250勝を達成した。

 チームは2試合連続の完封勝利。相手にペースを握られた時間帯も粘り強く耐えた。開幕から公式戦全6試合にフル出場するDFチアゴマルチンスは、「コミュニケーションをとって連係はとれてる。2試合連続無失点は大きい」と手応えをつかんだ。前線で躍動する前田については「大然はプレッシャーをかけてハードワークしてくれる。守備に貢献してくれる結果、得点という形で報われてる」と絶大な信頼。ポステコグルー監督も「選手たちがハードワークして取った結果」と勝利にうなずいた。

 チアゴはこの日が26歳の誕生日。試合後はチームメートから水をかけられる盛大な祝福を受け、「率直な気持ちはうれしい。チームメートのおかげで3連勝できてる」。喜びの声を上げ、「この仲間と戦えてうれしい」とスタンドから見守る家族も含めた周囲への感謝を何度も口にした。

 来日4年目。日本語の勉強は日々欠かさない。今季からは副将に任命され、主将のMF喜田拓也がけがで戦列を離れる中、リーダーシップを発揮。コンビを組むDF畠中槙之輔とともに不動のセンターバックとしてチームの壁となっている。21日のG大阪戦は中止となり連戦はひとますストップしたが、「次の試合まで時間はある。ビルドアップやパスの正確性は修正していきたい」と慢心することなく、新たな課題改善も見据えた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請