舘ひろし、新事務所「舘プロ」設立も「社長やりません」自身が所属俳優第1号

スポーツ報知
新事務所を設立し、ロゴマークをお披露目した舘ひろし(カメラ・頓所美代子)

 俳優の舘ひろし(70)が17日、新たに芸能事務所「舘プロ」を設立したことを発表した。4月1日から所属俳優として活動する。今年1月16日に約40年間在籍した石原プロモーションが解散してから2か月がたち、新たな一歩を踏み出す。

 自らの名字を冠した会社名に、舘は「なんか恥ずかしいな」と照れながら「自分のやりたい企画や映画の製作委員会に入って、提案などをしていきたい」と新事務所での構想を明かした。

 昨夏の石原プロ解散発表後、他事務所からの誘いもあったが、昨年末に事務所設立を決意した。大きな理由は石原裕次郎さん(享年52)、渡哲也さん(享年78)、石原プロ名物専務の小林正彦さん(享年80)らが情熱を注いだ映画製作だという。「映画を作りたい、先代たちの思いを継ぎたいと思った。大業な映画は出来なくても、裕次郎さん、渡さん、小林さんの夢のともしびを守りたい」と“石原プロイズム”を継承するつもりだ。

 スタッフは舘を含め5人。舘自身が設立に携わったものの「社長はしません。社長って呼ばれるのは恥ずかしいし」と、あくまで所属俳優第1号として活動する。社長は舘の20年来の友人だという浅井武士氏が務める。以前から石原プロと縁が深い芸能プロダクション「テアトルアカデミー」の一室を借りて始動。5月に撮影するドラマが、舘プロ・舘の初仕事になる。

 現在の所属は舘1人だが、将来的には若い人材も育成していく意向。石原プロは解散時の所属タレント全員が男性だったが、舘は「女の子を入れるのもいいかもね。事務所として力を付けたら、映画に携わりたい若い人に入ってきていただきたい」と、青写真を描いていた。

 ■85年ポカリCMでおなじみの広告制作会社が事務所のロゴを担当

 舘が椅子に座るシルエットをあしらった舘プロのロゴは、広告制作会社「ライトパブリシティ」の栗本知樹氏が担当。同社とは舘が1985年に大塚製薬「ポカリスエット」のCMに出演した時から36年の付き合いがある。舘は「シルエットはなくても良かったけど、すごくオススメされたから。推されたら断れない」と話した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請