【DeNA】直近3試合で2得点に三浦大輔監督「あと1本が出ない」…ソト&オースティン不在響く

スポーツ報知
5回終了後、ベンチで入江大生(右)と話す三浦大輔監督

◆オープン戦 ソフトバンク2×―1DeNA(17日、ペイペイドーム)

 DeNAは、同点の9回に6番手・伊勢が上林にサヨナラ打を浴びて、オープン戦4連敗となった。直近3試合でたった2得点と、打線が沈黙している。

 6回に2四球で作った1死一、二塁で佐野が右前適時打。チームでは実に24イニングぶりのタイムリーだった。初回には1死一、二塁で佐野が投併打。3回1死一塁でも桑原が遊併打に倒れ、7回も先頭の大和が右前安打で出塁し、続く山本が送って1死二塁としたが、後続が続かなかった。

 三浦監督は「(無得点におわった)きのうも今日も形は何度か作れているけど、あと1本が出ない」となげいた。現時点でソト、オースティンの助っ人大砲コンビが不在。開幕は間に合わず、合流時期も未定で、なかなか思うように得点奪えず、厳しい戦いが続いている。この試合唯一の打点を記録した主将で4番の佐野は「しっかり打線を引っ張らないといけないと強く思っている。シーズンを通してもそういう思いで打席に立ちたい」と意気込んでいた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請