渡辺明棋王が9連覇!タイトル獲得通算28期で歴代単独4位に 「谷川先生を超えられたのは誇らしいこと」

タイトル獲得数歴代単独4位となった渡辺明棋王(日本将棋連盟提供)
タイトル獲得数歴代単独4位となった渡辺明棋王(日本将棋連盟提供)

 将棋の渡辺明棋王(36)=名人、王将=が17日、東京都渋谷区の東郷神社で行われた第46期棋王戦五番勝負第4局で挑戦者の糸谷哲郎八段(32)に後手で勝ち、シリーズ3勝1敗としてタイトルを防衛、9連覇を達成した。

 渡辺棋王はタイトル獲得数が通算28期となり、27期で並んでいた谷川浩司九段(58)を超えて歴代単独4位となった。1位は羽生善治九段(50)の99期、2位は故・大山康晴十五世名人の80期、3位は中原誠十六世名人の64期。大棋士3人に次ぐ位置まで到達した。

 局後、谷川九段の記録を超えたことについて「一概に比べられるものではないですけど、谷川先生を上回ることができたのは、小さい頃から目標にしていた先生なので誇らしいことだと思います」と述べた。

 V9は2004年度からの竜王9連覇と並ぶ自身のタイトル最長連覇記録に。「長く持たせてもらって、並ぶ記録まで来られたのは意識していたことなので、達成できて良かったのかなと思います」と語っていた。

 特筆すべきはタイトル戦番勝負におけるタイトル獲得率。37回登場での28期獲得は確率・757。これは羽生九段、大山十五世名人、中原十六世名人を上回る記録となる。

将棋・囲碁

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請