小池都知事、宣言解除是非に“だんまり”「感染者ぽーんと跳ね上がることを懸念」

都庁で記者団の取材に応じる小池百合子知事
都庁で記者団の取材に応じる小池百合子知事

 東京都の小池百合子知事(68)は16日、都庁で記者団の取材に応じ、21日を期限に首都圏1都3県に発令中の緊急事態宣言に関して「今さまざまな分析をしております」と述べ、解除や再々延長については言及しなかった。

 小池氏は「いずれにしてもこの状況で残念ながら下げ止まっている。そして、もう経験しているが、どこかで(新規感染者数が)ぽーんと跳ね上がることを懸念しております」との現状認識を示し、「そうならないように、都としてPCR検査や変異株の分析、医療提供体制の確保を徹底して強化できるように進めている」と語った。

 宣言解除を巡っては、神奈川県の黒岩祐治知事は15日に「解除の方向が、いいのではないか」との認識を示した一方で、埼玉県の大野元裕知事は「解除の要請を行う段階にはない」と言及。千葉県の森田健作知事は16日に「国が判断することだ」と指摘しているが、1都3県知事の中で小池氏は16日も態度を明確にしなかった。

 東京都は16日、新型コロナウイルスの感染者が新たに300人確認されたと発表した。先週火曜日(9日)の290人を上回り、8日連続で前週の同じ曜日の感染者数を上回った。感染者数の直近7日間平均は289人で、前週(261・7人)の110・4%となり増加に転じた。重症者数は前日と変わらず42人だった。

 

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請