【巨人】新人ウグイス嬢・高橋みずきさん「最後の打席の気持ちで」小学生くらいから巨人ファン…42年ぶり募集

巨人の新ウグイス嬢(左から)山本菜月さん、小倉星羅さん、高橋みずきさん
巨人の新ウグイス嬢(左から)山本菜月さん、小倉星羅さん、高橋みずきさん
巨人の新ウグイス嬢として、初めてこの日の2軍の西武戦で場内アナウンスした高橋みずきさん
巨人の新ウグイス嬢として、初めてこの日の2軍の西武戦で場内アナウンスした高橋みずきさん

 新任ウグイス嬢を紹介する。昨年12月に球団が42年ぶりに募集し、794人の応募者の中から選ばれた高橋みずきさん、山本菜月さん、小倉星羅さんは、2月27日の2軍西武戦(G球場)で初鳴き。それぞれが美しい声色で試合を進行し、巨人軍の一員として第一歩を踏み出した。新たなスタートを切った3人の思いや今後への意気込みを聞いた。(聞き手・河原崎 功治)

 初めてのアナウンスで1~5回を担当させていただきました。巨人でウグイス嬢をすることが目標だったので、すごくうれしかったです。伝統あるジャイアンツの中でお仕事をさせていただくということで、ファンの方や関係者の方、応援してくださっている方、注目してくださっている方がたくさんいると思う。プロとしての自覚を持って取り組んでいきたいと思いました。

 アナウンスに興味を持ったのは高校時代です。野球部のマネジャーをしていて、そこからアナウンスをさせていただいていました。高校1年生の夏大会の開会式をしているマネジャーさんがすごくステキだったんです。これまでも社会人野球をメインにアナウンスを続けてきました。

 私の姉がジャイアンツが好きで、テレビでよく見ていた影響もあり、小学生くらいから巨人ファンです。合格した時はとにかくうれしかったです。私自身もうれしかったですし、長年プロ野球のアナウンスをしたいと家族に伝えていたので、私以上に家族が喜んでくれたことが良かったです。

 アナウンスをする上で心がけていることがあります。選手交代や選手の名前を間違えないようにというのはもちろんですが、私がアナウンスをする打席がその選手の最後の打席になるかもしれない、という気持ちでやっています。私がアナウンスできなかったら、その選手のアナウンスは一生されないかもしれない、と思ってアナウンスしていました。これからも(先輩ウグイス嬢の)山中さんや渡辺さんからアドバイスいただいたことを生かして、かっこいい、ジャイアンツらしいアナウンスができるように頑張ります。(高橋 みずき)

 ◆高橋 みずき(たかはし・みずき)1989年10月11日、東京都生まれ。31歳。学生時代は駒大野球部に所属し、東都大学リーグ戦や全日本大学野球選手権などで場内アナウンスを経験。大学卒業後も会社員として働くかたわら、都市対抗野球をはじめ、国際大会や親善試合などでアナウンスを続け、アナウンス歴は高校時代から16年。趣味はスポーツ観戦、旅行、パズル。

巨人の新ウグイス嬢(左から)山本菜月さん、小倉星羅さん、高橋みずきさん
巨人の新ウグイス嬢として、初めてこの日の2軍の西武戦で場内アナウンスした高橋みずきさん
すべての写真を見る 2枚

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請