【増田明美の目】松田瑞生は「日本最強の補欠」上半身の筋力で後半粘れた

名古屋ウィメンズマラソンで優勝した松田瑞生
名古屋ウィメンズマラソンで優勝した松田瑞生
松田瑞生のマラソン全成績
松田瑞生のマラソン全成績

◆陸上 名古屋ウィメンズマラソン(14日、ナゴヤドーム発着=42・195キロ)

 東京五輪補欠の松田瑞生(25)=ダイハツ=が2時間21分51秒で初優勝した。中盤から独走しつつ最大で約10メートルの風の中で強さを証明。昨年の大阪国際で樹立した日本歴代7位の自己記録2時間21分47秒には4秒届かず涙を流したが、マラソン5戦3勝という安定感を示した。日本陸連マラソン強化戦略プロジェクトの瀬古利彦リーダー(64)は「日本記録を出せるだけの力はある」、84年ロス五輪代表でスポーツジャーナリストの増田明美氏は「日本最強の補欠」と賛辞を贈った。(晴れ、気温14・8度、湿度34・8%、北の風1・1メートル=スタート時)

 * * *

 瑞生さんは、本当に「日本最強の補欠」ですね。前半の強い向かい風について、母・明美さんに「突風やったよ!」と言っていたそうです。その中で1キロ3分17秒という速いペースを刻んでも、後半粘れた。源は、上半身の筋力です。元々腹筋は強かったけど、上腕や首の付け根あたりに、筋肉がうまくつけられています。走るだけでは強化できない部位なので、腕立て伏せなどに励んだのでしょう。五輪代表を逃してから1年、どん底から立ち直った心の強さも光っていました。

 今回の力走は、まさに代表3選手へ瑞生さんからの“エール”になりました。特に、左太ももの故障で今大会を欠場した鈴木亜由子さんは奮起するでしょうね。瑞生さん自身も、風の条件が悪くなければ、野口みずきさんの日本記録に迫るだけの力は十分あると感じました。手応えと自信を得たレースになったと思います。

「最強の補欠」上半身の筋力で後半粘れた

名古屋ウィメンズマラソンで優勝した松田瑞生
松田瑞生のマラソン全成績
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請