【DeNA】浜口遥大が1回無失点「まずまずの手応え」、三浦大輔監督「ボチボチ」

スポーツ報知
4回から2番手で登板した浜口遥大

◆オープン戦 楽天3―1DeNA(14日、静岡・草薙)

 DeNA・浜口遥大投手(25)が14日、オープン戦の楽天戦(静岡)で2点ビハインドの4回から2番手で登板。1イニングで13球を投げて、1安打無失点で抑えた。

 当初は前日の同カードで先発予定だったが、雨天中止となってスライド登板になった浜口。他投手との兼ね合いもあって1イニングのみの登板になった。先頭の太田にいきなり3ボールとなって左前安打を浴びたが、後続をしっかりと打ち取った。慣れない1イニングの投球だったが浜口は「立ち上がりで少しバランスが合わないというか、ボール先行のカウントで苦しくなることがあったので、そういった部分をもう少し詰めていきたい。シーズンに入ると、あれから失点するということもよくあるパターンなので、そこはしっかり修正したいです」と反省しきりだった。

 三浦大輔監督(47)は「ボチボチじゃないですか。1イニングだけじゃ分からない部分もある」。開幕まで残り2週間を切っている中で、なかなか天候にも恵まれないが、浜口は「シーズンに入ればこういう雨で流れてという可能性もあると思うので、そういった意味では色々ここで経験できているのはいい方向で捉えてやっていきたい」と前を向いていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請