名古屋独走Vの松田瑞生、東京五輪1万メートルの代表権には消極的「今は補欠として取り組みたい」

松田瑞生
松田瑞生

◇陸上 名古屋ウィメンズマラソン(14日、ナゴヤドーム発着=42・195キロ)

 21年東京五輪マラソン代表補欠の松田瑞生(ダイハツ)が、2時間21分51秒で優勝。強風の悪条件もあり、自己記録には4秒届かなかった。「風がない状態では走りたかった。今回、過去とは比べものにならないくらい練習をして、どんな結果でも後悔しない、と万全の状態でスタートラインに立てた。悔しさがある中だが、最後まで走り切れたことは良かったと思う」と静かにうなずいた。

 松田は、トラック種目の1万メートルで東京五輪代表権に挑戦する余地も残されているが「今のところは、1万よりマラソンで世界で戦いたい気持ちが強い。スピードや持久力を鍛え直して、今は補欠として取り組みたい。五輪に出る気持ちでいて、出なかった場合はその後に日本記録に挑戦したい」と見通していた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請