松田瑞生、独走Vも涙「ふがいない走りで大変申し訳ございませんでした」 自己ベスト惜しくも更新ならず…

名古屋ウィメンズマラソンで優勝した松田瑞生
名古屋ウィメンズマラソンで優勝した松田瑞生
松田瑞生
松田瑞生

◆陸上 名古屋ウィメンズマラソン(14日、ナゴヤドーム発着=42・195キロ)

 21年東京五輪の代表補欠に名を連ねる松田瑞生(ダイハツ)が、2時間21分51秒(速報値)で優勝。中盤から独走で見事な戦いを見せ、ゴール後は涙。うれし涙かと思いきや、自己ベストの2時間21分47秒を更新できなかった悔し涙。「今日は自分を超えられず、ふがいない走りに終わってしまい、本当に申し訳ございませんでした」と目を赤くした。

 この日は晴天ながら、強い風が吹き続ける状況。最大瞬間風速は10メートルを超える場面もあった。ダイハツの山中美和子監督は「すごく上出来だと思った。本人は悔しい、と言っているが、私としては100点満点」とねぎらっていた。

名古屋ウィメンズマラソンで優勝した松田瑞生
松田瑞生
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請