明石家さんま、島田紳助さんから突然の電話明かす「宮迫と飲んどんねん」「400万貸して」

スポーツ報知
明石家さんま

 タレントの明石家さんまが13日に放送されたMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」(午後10時)で、芸能界を引退した島田紳助さんとの最近の会話内容を明かした。

 さんまは新幹線車内でタレントのせんだみつおから「俺、再ブレイクするかな?」と何度も問われた話を面白おかしく説明。そんな時に、島田さんから着信があったという。

 さんまは「そんな時に酔った紳助から連絡があって。用がないのに偶然、宮迫とばったり会ったらしくて」と説明した。

 その際、島田さんが「宮迫と飲んどんねん。おまえの話で熱く語った」と話してきたことを披露。そしてやりとりするうちに「すまんけどな、400万貸してくれるか」と切り出されたという。

 酔った相手とはいえまさかの依頼に、さんまは「なんでお前に400万なんか貸さなあかんねん。お前やったら30万までや!」と返答。すると紳助さんは「俺たちの絆は30万か~」と口にしていたことを明かした。

 なおさんまによると「次の日2人から『すまんかった』」と謝罪があったことを明かしていた。

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×