大きな一勝(栗東)

 こんにちは、山本です。今日は阪神競馬場で働いておりましたが、すでに引き揚げてからのパッチパチ。早速、行ってみましょうか♪

 さて、昨年から約1年にもなるステイホーム中心の生活で、ほんのちょっとだけですが、料理なるモノに取り組んでいるワタクシ。しかし、結果的には一人暮らしの寂しさを痛感してきたような気がします。その日だけの食事を作るというのは本当に経済的じゃないけど、一気に3日分、例えばカレーやシチューなどを作ると、3日連続で同じメニューを食べている3日目は妙に切なさや虚しさがこみ上げてくる。煮込んだことで深みが増した味より、同じメニューしか食べていない生活ってどうなんという気持ちが…。

 ホントに一人暮らしで、料理上手な方ってすごいなと思うんです。恐らく、毎日色々な料理を作ることが楽しい、それが美味しいことがうれしいと思えるんですから。ワタクシの場合はお腹がすいたから作るという単純な思考回路で作っている料理。隠し味やらアレンジやら、何もときめかないんですよね。今は以前のように普通に外で飲食できる日々を待っているだけの一人暮らし。そんな日を待っているよりも早く相手を見つけなさいよ、と自分自身に怒りたい現状です。

 ということで、そろそろ本題へ。本当は明日の競馬を中心に書こうと思っていたんですが、今日は急きょ予定変更。まずは昨日の更新で触れた注目の平場、今日の阪神6Rについて触れたいと思います。ご存じかと思いますが、古川奈穂騎手の初勝利となったこのレース。実は明日の紙面にもたっぷりと、さらには当社HPにも関連記事(是非是非、読んでくださいませ)を書かせてもらったんですが、肝心の馬=【バスラットレオン(牡、父キズナ)】の話を始め、こぼれ話もあったりするので、まずはお伝えしたいな、と。

 レース直後。検量室前にやって来た矢作調教師の顔は最初、満面の笑みというより、本当にホッとしたような感じ。「コントレイルのG1並みに緊張したよ」という言葉も決して大げさではない雰囲気だったのです。考えてみてください。重賞3着2回、G1で4着の馬を平場で4キロ減の起用で送り出すなんて、まず勝ち負けだろ、と皆さん思うでしょ。ただ、自厩舎の所属騎手を起用したトレーナーのプレッシャーは恐らく、我々の想像を遙かに超えていたと思います。特にレースを迎える時点では、まだ未勝利のジョッキーなんですから。ただ、その期待に応える、いい騎乗だったと思っています。

 矢作調教師への取材で印象に残ったのは、「(留年で)人より1年長くやって、苦労しているのを見てきたから、自分の馬で勝たせることができてよかった」という言葉を、本当にかみしめるように、絞り出すように口にしていた点。この姿に古川Jへの愛情、厚い思いが伝わってきた感じがします。僕もずっと彼女の努力してきた姿、真面目に取り組む姿、さらに先週の競馬で矢作調教師と二人になるまでずっと検量室でパトロールビデオをチェックしていた姿を見てきたから、余計に伝わるものがあったかもしれませんね。師弟の絆。使い古された表現かもしれませんが、本当にいいモノです。

 さて、勝ったバスレットレオンです。能力上位であることは分かっていましたが、実に強い勝ちっぷりでした。「この春はマイル路線になると思います」と今後はアーリントンCかニュージーランドTへ向かうとのこと。この日は押し出されようにハナに立ちましたが、追ってからもひと脚は使えますし、再び重賞戦線に戻って、どんな競馬をするか、ですね。

 さて、ようやく明日の競馬です。阪神メインでは報知杯FRが行われます。まぁ、大混戦ですね。角居厩舎から藤原英厩舎への転厩初戦となる【アンブレラデート(牝、父エイシンフラッシュ)】は環境がガラッと変わっているんですが、「おとなしいし、落ち着きがある。血統馬らしい雰囲気があります」と担当の瀬戸助手は話します。母ダイワスカーレットに加え、藤原英厩舎のエイシンフラッシュ産駒。血の力に期待せずにはいられません。

 続いては【エイシンヒテン(牝、父エイシンヒカリ)】。前走のクイーンCは中間に疲れが出て、それが10キロ減という馬体重につながったというんですよね。「前走時より体調はいいと思います。気性面での成長は感じますね」と大垣助手。それでも前走は4着なんですから、力があるのは間違いありません。あと、個人的には取材の感触で「内枠に入ればチャンスがあるかも」と岩田康Jが狙っている感じのある【エルカスティージョ(牝、父ロードカナロア)】が気になって仕方ないんですよね。

 では、ネット限定「厳選馬」をどうぞ。

阪神9R・4スペードエース(ここ2走は折り合い面を気にしてか、位置取りが後ろに。今回は初コンビ。しかも、武豊J。末脚全開のシーンを期待)

 続いては馬券王への道 延長戦でございます。

阪神1R・12アメイジングライフ(生野助手から「もっと走れそうなんですけどね」と聞いている馬。この条件で一変を)

中京6R・11アメリカンピース(再び音無厩舎から。今回は先手にこだわる競馬を示唆。外枠の方が位置を取りやすいか)

中京11R・10ポタジェ(実績より勢い、状態を重視。成長度が目を引く)

 今日はここまで、また次回です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請