元日馬富士が優秀論文賞を受賞…城西国際大大学院を修了「相撲道に感謝」

スポーツ報知
自身が経営する学校と城西国際大の提携に向けサインする元日馬富士のビャンバドルジ氏

 大相撲の元横綱・日馬富士のダワーニャム・ビャンバドルジ氏(36)が13日、城西国際大大学院修了に際し、同大の千葉東金キャンパスで行われた卒業式に出席した。「新モンゴル日馬富士学園創設プロジェクト-全身全霊で行う小中高一貫教育-」が優秀論文賞を受賞した。

 角帽にガウンという姿で式典に姿を見せたビャンバドルジ氏は「映画とかで見たことはあるけど、まさか自分が着てね。ずっと着てみたかった。帽子とか投げると思って準備していたんだけど」と冗談めかしながらも、「横綱として新しい道を作れたことがうれしい」と喜びをかみしめた。

 母国のモンゴルでは2018年9月から小中高一貫の私立学校「新モンゴル日馬富士学園」を開校し、理事長に就任。修士論文執筆にあたり、学校の生徒や保護者、教職員ら約2000人にアンケートを実施した。礼儀を重んじるなど、相撲で学んだことを取り入れた教育に対する感想などを聞いたという。日本語で約7万字に及ぶ論文。担当の孫根志華(そね・しか)教授は「誰が見ても立派な実証研究として評価されています」と、たたえた。

 論文が評価されたビャンバドルジ氏は「相撲道に感謝です」と頭を下げた。「相撲道で学んだ情操教育、道徳教育を生かした教育が(モンゴルで)受け入れられ評価されていることが、相撲道の教育が正しいということなんじゃないかな。日本式の教育が海外へも輸出されて、どんどん活躍してほしい」と熱っぽく語った。孫根教授らからは博士課程でも学んでは、という話もあるそうだが「まだ私も36歳。教育者として経験、知識を固めたあとに。私の学校から卒業した子どもたちが、どこの大学に行って、礼儀礼節を生かした情操教育がどこまで成長することができるか。まだ10年、20年後の話だが、そんな感じで博士号の論文を書ければと思っている」と話した。

 また城西国際大と日馬富士学園の交流に向け、両校が提携を結ぶことも決まった。詳細はこれからだが、日馬富士学園の卒業生の受け入れや、城西国際大の教員らの交流も計画されているという。期間は5年間の予定。ビャンバドルジ氏は「留学生とか日本の先生たちがオンラインで日本語を教えてもらったり、モンゴルからのうちの学生が進学してもらったりね」とのプランを語っていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×