桃田賢斗、1年2か月ぶり国際大会復帰へ「少しでも成長した自分を見せられたら」…新型コロナ陰性も確認

全英OP出発前に取材に応じたバドミントン男子シングルス世界ランク1位の桃田賢斗(NTT東日本)(代表撮影)
全英OP出発前に取材に応じたバドミントン男子シングルス世界ランク1位の桃田賢斗(NTT東日本)(代表撮影)

 バドミントンの全英OP(17日開幕、英バーミンガム)に参戦する日本代表有力選手が13日、渡英前の羽田空港で取材に応じた。

 男子シングルスで世界ランク1位の桃田賢斗(26)=NTT東日本=は、昨年1月のマレーシア遠征中の交通事故以来、1年2か月ぶりに国際大会へ復帰する。「やっと試合ができるなというのと、不安もすごくあるけど、自分ができることを精いっぱいやってこられたらいいと思う」と語った。

 昨年12月の全日本総合で実戦復帰し、優勝。本来は今年1月のタイ遠征で国際大会復帰戦に臨むはずだったが、自身の成田空港でのPCR検査陽性を受けて、日本代表全体が遠征自体を見送った経緯がある。「やはり自分の責任で周りの方が試合に出られなくなったのはすごく心が痛かったし、本当に申し訳ない気持ちだった。もう完全に、どこも痛いところもないし、調子も悪くない。完全に復活した自分を見てもらいたいのと、少しでも成長した自分を見てもらえたらいい」と前を向いた。

 日本代表の朴柱奉ヘッドコーチは、事前合宿での桃田の動きを踏まえ「今は体、コンディション全部いいと思う」と状態に太鼓判を押した。順当なら、準決勝で第4シードのA・ギンティン(インドネシア)、決勝で第2シードのV・アクセルセン(デンマーク)と顔を合わせる。ともに、東京五輪で金メダル争いを繰り広げることになる強敵だ。桃田は「今年の目標は、東京五輪に向けてというのがあるので、そこに向けて自分が今どれだけできるのか、何ができて何ができないのかをしっかり明確にできるような試合にできたらいい」と思いを新たにしていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請