注目の平場です(栗東)

 こんにちは、山本です。今日は金曜恒例でもなくなったけど、梅田の会社からのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか♪

 さて、我ながら「どの口が…」と思ってしまいました。S社のNクンという記者仲間がいるんですが、もうすぐ40歳だというのに、10年近く付き合っている相方さんといまだにゴールインしていないという。以前は「身内に不幸が…」と聞いた気がするし、今は「コロナ禍で…」なんて言うんですよね。ただ、基本的にはよく出てくるD社のOクンとは違い、女好きでもなければ、基本的には真面目な子。だからこそ、最近は「早くちゃんとした方がええんちゃうの」と何度か口にしているのです。まぁ、皆さんの突っ込みが聞こえてくるようですが、そうです、「お前が言うな」の世界です。

 気がつけば、もう44歳。40歳を超えてから、アッという間に一年が過ぎていきます。最近、月日の早さを感じるのが、実は先週デビューした古川奈穂Jだったりするんですよ。古川Jは矢作厩舎ということで、学校時代からよく話をさせてもらっていた。体が小さいこともあり、当時は「奈穂ちゃん」なんて呼んでいたのが、気づけば「古川ジョッキー」と呼んでいるんですよ。いや~、驚きです(たまに「奈穂ちゃん」という呼び方は出てしまうんですが…)。彼女は二十歳だから、ワタクシに同じ年齢の子供がいたっておかしくはない。まぁ、厩舎実習で頑張っている姿も見ているから、余計にデビューした姿には成長を感じずにはいられないワケですが、この感覚がどうにもオッサンっぽくて嫌なんだよなぁ。

 ということで、本題へ。この古川奈Jが恐らく1番人気の馬に乗ることで注目を集める阪神6Rからいきましょう。この阪神6R、その1番人気の馬でもある【バスラットレオン(牡、父キズナ)】ですね。数週間前だったかな、ニヤリとした矢作調教師から「4キロ減使うかも」と聞いて、この馬がまだ1勝クラスだったことに驚き、そして4キロ減にまた驚いた次第。トレーナーが「仕上がりは問題ない」と言うように、今週の坂路ではラストまで本当にいい動きでした。まな弟子への大きな期待を込めた平場への投入。しっかりと勝利という結果で応えてほしいですね。

 ただ、このレースは平場にしては、なかなかメンバーもそろっている。須貝厩舎ではG1馬ローブティサージュの子供で、マイルのここに照準を絞って、しっかりと在厩させて仕上げた【レゾンドゥスリール(牡、父ハーツクライ)】でしょ。友道厩舎では半兄にハクサンムーンを持つ【デルマヤクシ(牡、父オルフェーヴル)】。前走は内回りで外枠がまともにこたえたような競馬でしたが、「力は見せていますし、距離も問題ないと思います」と友道調教師は話します。この馬、何より非常に強かった初勝利の内容から、道悪がうまいんじゃないかと思うんですよね。

 そして、報知杯FRを除外になってしまった木原厩舎の【ヤマニンルリュール(牝、父ヴィクトワールピサ)】。この馬前走のこぶし賞が思わぬ大敗だったんですけど、尾形厩務員は「結果的に少しかわいがりすぎたかも。今回は負荷を強めています」と勝負気配だったんですよね。その言葉通り、今週の坂路でのラスト1ハロンは11秒台。状態面は申し分ないと思いますから、あとはマイルへの適性が、改めて問われる一戦と言えそうです。

 阪神では9Rがゆきやなぎ賞。ここはフリージア賞から転戦の2頭に注目です。まずは中内田厩舎で重賞ホースを母に持つ【ロードプレジール(牡、父キングカメハメハ)】ですね。前走は8着でしたが、まだ成長途上というのが陣営の見立て。「これからキャリアを積んで、良くなってくる部分があると思います。距離は長い方がよさそうな気がします」と片山助手。距離延長での前進を見込んでいます。

 友道厩舎の【レッドジェネシス(牡、父ディープインパクト)】は好位から伸びあぐねる形でしたが、「ジワジワと伸びる感じだし。これなら距離が延びた方がいいかも」と友道調教師は分析します。この馬、以前はゲートで遅れたりと幼い面が目立ちましたが、最近はレースぶりが随分と安定。ロードにも言えることですが、フリージア賞は結構いいメンバーだと思っていますから、巻き返してもおかしくないと思いますよ。

 その友道厩舎には毎日杯での復帰を予定する【ルペルカーリア(牡、父モーリス)】が戻ってきています。体つきはそう変わっていないようですが、「落ち着きが出ている感じがする」とトレーナー。とはいえ、この馬、この一族は前走のような掛からんばかりの闘争心が持ち味です。オンとオフのスイッチをしっかり切り替えられるような、気性面での成長が実戦にも結びつけばいいですよね。

 ということで、ネット限定「厳選馬」は矢作厩舎から。

中京4R・2アルシオーネ(前走は幼さ全開の走りだったが、攻め馬だけなら未勝利にいる馬じゃない。2戦目で本領発揮)

 続いては馬券王への道 延長戦をどうぞ。

阪神4R・14サトノテンペスト(前走は中間に一頓挫あり。ブリンカー効果にも期待)

阪神11R・14ニューモニュメント(先行激化必至。道悪でも、この馬の充実ぶりを買う)

中京11R・1ハッピーゴラッキー(内でたまれば、手の合う鞍上のエスコートで伸びてくる)

 今日はここまで、また明日です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請