【浦和】MF柏木陽介、J3岐阜へ完全移籍が決定的に 再三の規律違反で退団、再出発へ

スポーツ報知
柏木陽介

 浦和の元日本代表MF柏木陽介(33)がJ3岐阜に完全移籍することが11日、決定的となった。近日中にも正式発表される見込み。

 柏木はFW杉本と沖縄キャンプ中の先月4日、飲食店を貸し切って外食。新型コロナウイルス感染拡大防止策としてのクラブの禁止行為で、罰金と厳重注意処分を受けた。家族以外の知人と外食した昨秋に続く規律違反で、チーム合流を認められず。クラブとの話し合いの末、移籍先が決まり次第、退団することで合意していた。

 関係者によると、柏木は海外を含めて移籍先を模索したが、最終的に国内を優先。複数のJクラブが興味を示す中、浦和の下部組織出身の小松裕志氏(33)が今月から新GMに就任した岐阜からオファーを受け、この日までに大筋で合意したとみられる。2010年から在籍した浦和を退団することになった。

 昨季J3で6位に終わった岐阜は今季、前F東京コーチの安間貴義監督(51)を招へい。14日に八戸との開幕戦を迎える。高い技術と豊富な経験を持つ柏木の加入は、J2昇格へ大きな戦力となりそうだ。

 柏木は先月16日、クラブを通じて「私の軽率な行動で多大なるご迷惑をおかけし、おわび申し上げます。自覚が足りず、深く反省しています」などとコメントしていた。問題発覚から約1か月。個人でトレーニングを続けてきたベテランは、J3の舞台から信頼回復に向けた再出発を切る。

 ◆柏木 陽介(かしわぎ・ようすけ)1987年12月15日、兵庫県生まれ。33歳。広島の下部組織から2006年にトップ昇格。10年1月に浦和へ移籍。16年にJリーグベストイレブン、17年にACLでMVP。Jリーグ通算423試合60得点。国際Aマッチ11試合0得点。夫人は元TBSの佐藤渚アナウンサー。利き足は左。176センチ、73キロ。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請