【横浜M】3―1で福岡を下しリーグ初勝利 

スポーツ報知
横浜M・前田大然

◆明治安田生命J1リーグ ▽第3節 横浜M3―1広島(10日・ベススタ)

 横浜Mは敵地で5年ぶりにJ1昇格を果たした福岡と対戦し、3―1と勝利した。前半38分にMFマルコスジュニオールがPKで先制点を決めた。勢いづくと後半17分には今季初先発のDF小池龍太が追加点。同29分にセットプレーで失点を許したが、同45分にはMF水沼宏太の右クロスにFW前田大然が頭で押し込み3―1とリードを広げた。今季ここまで1分け1敗だったチームは、リーグ初勝利となった。

 前半は相手のプレスにも苦しみ、うまくリズムをつくれず。しかし前半36分、FWエウベルの放ったシュートがペナルティーエリア内の相手の手に当たりPKを獲得。これをマルコスがゴール左隅に突き刺し先制点を決めた。ゴールパフォーマンスの「かめはめ波」もさく裂し、流れを引き寄せた。

 これで勢いづくと後半17分、MF渡辺皓太のボール奪取から小池が右足シュート。大きな追加点を奪った。その後は水沼、MF岩田智輝、FWオナイウ阿道と一気に3枚替えを行いフレッシュな戦力を送り込んだ。同29分に失点したが、同45分に途中出場の水沼が鋭い右クロス。これに前田が飛び込んで頭で押し込み3―1とリードを広げた。前田は2戦連発の今季3得点目。敵地でリーグ初勝利をもぎとった。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請