【ロッテ】平沢大河、1号 故郷の東北へ「野球で恩返しを」

スポーツ報知
8回無死、右越えにソロ本塁打を放った平沢大河 

◆オープン戦 楽天3―2ロッテ(9日・静岡)

 仙台育英高出身のロッテ・平沢が1号を放ち、故郷・東北へ野球での恩返しを誓った。2点を追う8回、高田萌の直球をバットの先で右翼席へ。「打った感じも良かったし、風もフォローだった」と笑みがこぼれた。

 10年前の3月11日、中学1年生だった平沢は宮城・多賀城市の自宅で東日本大震災を経験。家が流された先輩もいた。「忘れちゃいけないことですし、時間がたてば風化してしまうこともある」。昨季は右肘の手術もありプロ入り初の1軍出場なしに終わったが、今季にかける思いは強い。「僕ができるのは野球で恩返しすること。野球ができる喜びをかみしめながらやりたい」と言葉を絞り出した。

 チームの遊撃手は藤岡やルーキーの小川、今後合流するエチェバリアら争いはし烈。激戦区で開幕1軍を勝ち取り、東北へ元気な姿を届ける。(小田原 実穂)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請