【大学野球】東京六大学春季リーグ戦の日程発表 昨秋同様9回打ち切りのポイント制

昨秋、10季ぶり46度目の優勝を飾り記念撮影する早大ナイン
昨秋、10季ぶり46度目の優勝を飾り記念撮影する早大ナイン

 東京六大学野球連盟は9日、4月10日に開幕する春季リーグ戦の日程を発表した。新型コロナウイルス感染防止の観点や平日開催をなるべく避けるため、通常の勝ち点制ではなく、昨秋同様に2試合総当たりで各校10試合ずつ行い、9回打ち切りで同点の場合は引き分け(0・5点)とするポイント制(勝ち=1点、負け=0点)で順位を争う。

 2校がポイントで並んだ場合は優勝決定戦を行うが、3校以上が並んだ場合は優勝預かりとする。優勝決定戦に最低3日を要するためで、その場合の全日本大学選手権出場校の決め方は4月8日の理事会で決める。また、政府の指針に従って有観客で開催し、応援団は一般客を入れない外野席で1校150人を上限に活動を可能とする。

 昨秋のリーグ戦を10季ぶりに制した早大は、開幕戦で東大と対戦する。最終週の早慶戦まで全8週にわたって熱戦が繰り広げられる。日程は以下の通り。

 ▽4月10日(土) 東大―早大、慶大―法大

 ▽11日(日) 法大―慶大、早大―東大

 ▽17日(土) 明大―東大、法大―立大

 ▽18日(日) 立大―法大、東大―明大

 ▽24日(土)※立大―早大、明大―慶大

 ▽25日(日)※慶大―明大、早大―立大

 ▽5月1日(土) 法大―早大、東大―慶大

 ▽2日(日) 慶大―東大、早大―法大

 ▽8日(土) 明大―法大、立大―東大

 ▽9日(日) 東大―立大、法大―明大

 ▽15日(土) 早大―明大、立大―慶大

 ▽16日(日) 慶大―立大、明大―早大

 ▽22日(土)※立大―明大、東大―法大

 ▽23日(日)※法大―東大、明大―立大

 ▽29日(土) 慶大―早大

 ▽30日(日) 早大―慶大

【注】球場はすべて神宮。校名左が三塁側先攻。早慶戦は慶大が三塁側。※はプロ併用日。開始時間は11時(プロ併用日は10時)、1試合の時は13時(プロ併用日は12時)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請