【DeNA】ドラ5池谷蒼大が初イニングまたぎも2回無失点 開幕1軍前進「この経験を次回に生かして」

スポーツ報知
6回から2番手で登板したドラフト5位ルーキーの池谷蒼大

◆オープン戦 DeNA―日本ハム(9日、横浜スタジアム)

 DeNAのドラフト5位・池谷蒼大投手(21)=ヤマハ=が6回から2番手で登板し、2回2安打無失点の好投を見せた。

 初のイニングまたぎでも力強く腕を振った。対外試合は5試合目、オープン戦は2試合目の登板で初の複数イニング登板。6回は2死から清宮に四球を与えたが、続く中島から空振り三振を奪った。7回は2安打を許して2死一、二塁とピンチを背負ったが、最後は王柏融をニゴロに打ち取って無失点で切り抜けた。

 貴重なリリーフ左腕として、対外試合5試合で失点したのは1度だけ。開幕1軍入りへ好アピールを続けている。池谷は「イニングというよりも一人一人アウトを取ることを意識しました。結果として2イニングを投げられたので、この経験を次回に生かしていきたいです」と振り返った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請