【DeNA】外国人不在の不安一掃 打線爆発で2回までに9得点

スポーツ報知
2回1死満塁、大和の2点適時打で生還した宮崎らとグータッチする三浦大輔監督

◆オープン戦 DeNA―日本ハム(9日・横浜スタジアム)

 DeNA打線が爆発した。1回表に先発・阪口が中田に3ランを浴びて先取点を献上したが、打線に火がついた。

 1回裏。先頭の桑原が左前安打で出塁。続く牧の四球などで1死一、三塁のチャンスを作ると、まずは佐野の左犠飛で1点を返すと、宮崎が左翼席へ2ランを放って同点に追いついた。102キロのカーブを捉えた宮崎は「自分のスイングでしっかり捉えることができました。後ろにつなぐ気持ちで打席に入り、最高の結果となり良かったです」と笑顔だった。

 同点で迎えた2回も勢いは止まらなかった。先頭・嶺井の右中間フェンス直撃二塁打などで無死一、二塁とすると、桑原が投犠打。1死二、三塁から牧の2点適時二塁打、佐野の右前適時打、大和の2点適時二塁打などで6点を奪って勝ち越した。6、7日のオリックス戦(横浜)では2試合連続無得点。開幕にはソト、オースティンの主砲不在が濃厚になったが、2回までに7安打9得点という猛攻で、日本人打線が意地を見せた。

 ▽牧(対外試合初打点)「打ったのはストレートです。桑原さんがバントで繋いでくれたので、最悪犠牲フライでもいいと楽な気持ちで打席に立ちました。結果タイムリーになり嬉しいです」

 ▽佐野(初回の左犠飛に続き2回も右前適時打)「ここまであまり結果が出ていなかったですが、積極的に打ちにいくことができました。追加点を挙げることができうれしいです」

 ▽大和(2回に左翼線へ2点適時二塁打)「とにかくランナーを還すことを意識して打席に入りました。タイムリーになり嬉しいです」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請