育成外国人の支配下登録期限を延長へ…水際対策による来日遅れに対応

スポーツ報知
NPBロゴ

 プロ野球12球団は8日、実行委員会を開き、今年度26歳以上になる新入団育成外国人の支配下登録期限について、現行の3月末からの見直しを検討することになった。新型コロナウイルスに関する水際対策の影響で来日できていない外国人がいるため、期限を遅らせる方向で協議を進めるという。

 育成選手の支配下登録やトレード、外国人補強の期限は7月末だが、「日本プロ野球育成選手に関する規約」には、「本年度26歳以上となる新入団外国人選手を育成選手から支配下選手に移行する場合の期限は、3月末日までとする」と定められている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請