【DeNA】2軍調整中の山崎康晃昇格は見送り 木塚敦志投手コーチ「状況判断するには数試合見る必要がある」

スポーツ報知
山崎康晃

 2軍調整が続いているDeNA・山崎康晃投手(28)の現状について8日、木塚敦志投手コーチ(43)が説明した。

 昨季、不調でプロ最少の40登板に終わった山崎。0勝3敗、6セーブで防御率5・68と苦しんで守護神の座を三嶋に譲り、2軍降格も味わった。今季はプロ7年目でキャンプ2軍スタート。ここまで1軍昇格に至っていない。

 2月22日の2軍練習試合・中日戦(読谷)で対外試合初登板し、1回1安打無失点。今月5日にはプロアマ交流戦の法大戦(横須賀)でも登板し、1回無失点だった。木塚コーチは「映像を見て報告も進めているのはたしか。状況判断するには数試合見る必要がある。(1軍昇格は)それからですね」と説明。開幕が26日に迫り、3週間を切っているが「スケジュールに追われるのも違う。確認作業が続いている所」と話した。

 現時点で抑えは昨季途中から担っている三嶋一輝投手(30)が濃厚。三嶋は7日のオープン戦・日本ハム戦(横浜)で9回に登板し、1イニングを無安打無失点に抑えた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請