【ロッテ】ドラ1鈴木昭汰、4回5安打2失点もあるぞ開幕3戦目

スポーツ報知
先発の鈴木は4回2失点

◆オープン戦 ロッテ2―4西武(7日・ZOZOマリン)

 ロッテのドラフト1位・鈴木がオープン戦初登板で4回5安打2失点。課題が残る結果も、次回以降の内容次第では開幕3戦目のソフトバンク戦(ペイペイD)に先発する可能性も出てきた。

 初回からこの日最速148キロの力強い直球とスライダーなどを交えながら打者を翻弄(ほんろう)。2死二塁から迎えた4番・山川には「オープン戦でしかできないこともあるし、日本の4番といっても過言ではない選手にどれだけ真っすぐが通用するか感覚を確かめたくて」と計5球全て内角直球攻め。持ち味の攻める投球で三ゴロに打ち取った。2打席目も直球で二飛に仕留め、井口監督も「持ち味を出せている」とうなずいた。「順調にいけば、その可能性もある」と28日の開幕3戦目に登板する可能性があることを示唆した。

 今後は、さらに投球の精度を上げることを課題に掲げた左腕。まずは開幕ローテ入りへ「もちろん、その気持ちはあるし、任されるような選手になりたい」と魂を燃やした。

(小田原 実穂)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請