【巨人】大城卓三「必死です」二盗2度阻止&適時打

スポーツ報知
2回1死一塁、一塁走者・今川の盗塁を阻止する大城

◆オープン戦 巨人4―1日本ハム(7日・札幌ドーム)

 2度のスローイングで、大城が敵地にため息をつかせた。初回1死一塁で松本剛の二盗を刺すと、2回1死一塁では今川の二盗を阻止して三振ゲッツー。立て続けに日本ハムの機動力を封じ、「相川(バッテリー)コーチと練習していることが、そのまま試合でも出せている。(意識しているのは)捕ってからの足の動き。昨年も一年間取り組んでいたことが、形としてできているんだと思います」と胸を張った。

 持ち味の打撃でも見せた。2点リードの3回2死一塁。伊藤の高め直球を豪快に振り抜き、右翼線へはじき返した。一塁走者の丸が一気に生還。「球を強くたたけました。丸さんがしっかり走ってくれましたし、2死からだったのでいい追加点になりましたね」。昨季のベストナイン捕手が、攻守で存在感を示した。

 正捕手争いが白熱している。6日の試合では、途中出場の小林が9回に適時二塁打を放ち、オープン戦初安打&初打点をマークしたが、大城も一歩も引かない。「とにかく、試合に出たら全てのプレーでアピールしたい。打つ、守る両方ですね。必死です」。この先、マスクの奪い合いはさらに激化していきそうだ。(尾形 圭亮)

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請