デビュー2日目 古川奈穂騎手は初勝利お預け「悔しさが大きい」

スポーツ報知
2R 6着ミヴォルガ、古川奈穂騎手

 藤田菜七子騎手以来、JRAで5年ぶりに誕生した新人女性騎手の一人、古川奈穂騎手(20)=栗東・矢作芳人厩舎=はデビュー2日目の7日、阪神競馬場で4鞍に騎乗した。1R4着、2R6着、3R15着、6R6着で、5レースに出走した6日に続いて初勝利はお預けとなった。

 最終の乗り鞍となった6Rで騎乗したアスクスタイルマンは、自厩舎の管理馬。検量室ではレース後、矢作調教師とともにパトロールフィルムをチェックした。「思い通りに乗れない騎乗が多くて、悔しさが大きい」と真っ先に反省の言葉。続けて「まだまだ全てにおいて足りないです。日々精進していきたいと思います。私に乗せてくださった方々に感謝をして、期待に応えられるように頑張っていきたい」と前を向いて気を引き締めた。

 一方の矢作師は「今日の1Rでの騎乗は上手く乗れていた。あまり甘い言葉を言いたくはないけど、1週目にしては良く乗れていたと思う」と評価。「長い目で見てあげてほしい。ただ、馬券を買ってくれたファンには申し訳ない。しっかり2人で反省会をして、来週に臨みたい」と語った。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×