「競輪の神様」松本勝明さんが93歳で死去 通算1341勝の不滅の大記録

スポーツ報知
日本名輪会の会長も務めた松本勝明氏

 競輪の神様と呼ばれ、創生期の1950年から60年代にかけ活躍し、不滅の金字塔といわれる通算1341勝を記録した松本勝明(まつもと・かつあき)さんが3月6日、悪性リンパ腫のため、京都府内の自宅で死去した。93歳だった。通夜及び告別式は近親者のみで執り行われる。

 京都府出身で1949年6月13日に選手登録。54、55年の日本選手権競輪を2年連続で完全優勝。現在の全日本選抜競輪の前身とされる全国都道府県選抜競輪を5回優勝し、特別競輪で7度の優勝を記録。通算3191戦して、勝利数は1341まで伸ばした。

 81年9月の引退後は競輪学校名誉教諭として、後進の育成に尽力。京都向日町競輪には冠レースの「松本勝明賞」が制定され、87年は京都名誉府民に選ばれるなど、競輪界のパイオニアとして足跡を残した。また95年1月には「日本名輪会」を発足し、会長に就任。2016年まで会長職を務め、その後は相談役として競輪界を支えた。

ギャンブル

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請