【ヤクルト】奥川恭伸が7日の広島戦に先発 今季初実戦

マウンドの感触を確かめる奥川恭伸
マウンドの感触を確かめる奥川恭伸

 右足の張りで調整が遅れていた奥川恭伸投手(19)が、7日の広島戦(マツダ)で今季初の実戦登板に臨む。先発でマウンドに上がる右腕は「(コンディションは)特に問題ないです。しっかりキャンプで練習したことを出したいと思います」と意気込んだ。

 奥川は2月23日に浦添の1軍キャンプでフリー打撃に登板。巨人との練習試合前で原監督も熱視線を送る中、最速147キロをマークするなど、計20球で安打性の打球は1本だけと上々の仕上がりを見せていた。しかし、同26日のブルペンを右足の張りのため回避。慎重に調整を進めていた。5日に神宮外苑でブルペン入りし、この日も状態に問題がなかったため7日の先発が正式に決まった。

 2年目の今季は開幕ローテ入りも期待されるが「焦らず自分ができることをしっかりやっていきたい。まずはしっかりストライクを取って、あとは対戦するバッターを見ながらいろんなことを試したいと思います」と話していた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請