室伏広治長官「後回しは危険」 現役アスリートのキャリア構築にアドバイス

スポーツ報知
イベントに出席したスポーツ庁の室伏広治長官

 スポーツ庁の室伏広治長官(46)が6日、都内で「アスリート キャリア チャレンジ カンファレンス2021」に出席した。アスリートのキャリア開発支援について、青学大を箱根駅伝で5回の優勝に導いた原晋監督(53)や96年アトランタ五輪競泳代表の井本直歩子氏(44)らと意見を交わした。

 アスリート時代に引退後の生活を考えるのは中々難しいが、室伏長官は「41歳まで競技を続けていましたが、実際はいつ辞めてもいいと思いながらやっていました」と振り返る。父・重信氏を手本としながら、将来は大学教授に就くことを考えて勉強も続けた。「いつ成績が出なくなるか、ケガをするか、分からない。したがって、競技に寄りかかる生活はなかった。アスリートの多くは目の前のことに注力して、それ以外のことを後回しにすることが多い。でも、後回しっていうのは危険で、その時にやっておいた方がいいことというのはたくさんある」と現役アスリートにアドバイスを送った。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請