小池都知事、飲食店へ「コロナ対策リーダー選んで」 利用者には「マスク飲食」「黙食」求める

都庁で臨時会見を行う小池百合子知事
都庁で臨時会見を行う小池百合子知事

 東京都の小池百合子知事(68)は5日、21日まで首都圏1都3県で緊急事態宣言が再延長されたことを受けて臨時会見を開き、「ここで集中して徹底的に対策をやりきることが、感染の終息に向けて極めて大きな意味を持つ。2週間総力を結集して感染を抑え込んでいきたい」と強調した。

 小池氏は、飲食店に引き続き午後8時までの時間短縮営業を要請し、利用者には食事の際は「マスク飲食」「黙食」などを求めた。また、感染のリバウンド防止のため、宣言解除後には段階的緩和期間を設定し、飲食店に午後9時までの時短営業を要請し、応じた事業者へ協力金として1日4万円を支給すると発表した。

 小池氏は飲食店での感染対策徹底について「利用者の協力も不可欠だ」とし、「飲食店従業員からコロナ対策リーダーを選んでください。お客様と共に感染対策をしっかり進めていただきたい。このような流れ、制度を作っていますので、早速人選含めお願いしたい」と呼び掛けた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請