わいせつ目的誘拐で有罪確定の藤井学園寒川の副部長が除名 日本学生野球協会審査

スポーツ報知
 

 日本学生野球協会は5日、オンラインで審査室会議を行い、大学2件、高校6件の処分を決めた。昨年11月に当時17歳の少女をわいせつ目的で誘拐したとして逮捕された藤井学園寒川(香川)の副部長(38)=今年2月に懲役2年、執行猶予4年の判決確定=が除名された。

 また、女生徒3人に対するセクハラ行為と部員2人に対する体罰行為があったB校(A県)の監督が無期謹慎となった。※被害者保護のため都道府県名と校名、監督の年齢は非公表。その他の処分は以下の通り(肩書は当時)。

 ◇大学

 【謹慎】

 ▽大阪観光大(近畿学生連盟)の部長 2月24日~3か月=部長の報告遅れ

 ▽横浜商大(神奈川大学連盟)の部長 2月24日~3か月=部長の報告遅れ ◇高校

 【対外試合禁止】

 ▽京都明徳 2月15日~3か月=部員の喫煙類似行為と窃盗と万引きと金銭を用いた不適切な遊戯

 【謹慎】

 ▽北九州市立(福岡)の部長 2月7日~2か月=部長の部内体罰と報告義務違反

 ▽橋本(和歌山)の監督 1月20日~1か月=監督の部内体罰

 ▽樟南(鹿児島)の副部長 2月16日~4か月=副部長の部内体罰と報告義務違反

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×