第107期生首席・白綺華「清く正しく美しく、品のあるタカラジェンヌに」宝塚卒業式

スポーツ報知
飛まつ防止板を前に答辞を読む、首席の芸名・白綺華

 タカラジェンヌを育成する宝塚音楽学校(兵庫県宝塚市、小林公一校長)の第107期生の卒業式が3日、同校で行われ、歌劇の基礎を2年間学んだ39人が巣立ち、宝塚歌劇団に入団した。

 コロナ禍でリモート授業の時期もあった卒業生と予科生(第108期生)は事前にPCR検査を受け、全員の陰性を確認し出席。昨年同様、校歌斉唱は収録のテープ演奏に代え、ブーケ贈呈は中止した。首席の芸名・白綺華(しらき・はな)は娘役で「清く正しく美しく、品のあるタカラジェンヌになりたい」と抱負を述べた。6月に開幕する宙組公演での初舞台へ稽古が始まる。

芸能

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×