【ヤクルト】村上宗隆が勝ち越し適時打「チャンスで打つことができて良かった」 6戦連続安打と好調維持

スポーツ報知
6回1死一、二塁、村上宗隆が右前適時打を放つ(投手・井納翔一、捕手・小林誠司)

◆オープン戦 巨人1―6ヤクルト(3日・東京D)

 ヤクルトの村上宗隆内野手(21)が、開幕へ向けて順調な調整を示した。巨人戦に「4番・三塁」で先発出場。同点に追いつかれた直後の6回1死一、二塁の好機で巨人・2番手の井納と対戦し、カウント1―1からの141キロ直球を捉えて右前適時打とした。

 これでキャンプ中から6試合連続安打と好調を維持。若き4番は「打ったのはストレート。同点にされた直後だったので、すぐ取り返したい気持ちでした。チャンスで打つことができて良かったです」とコメントした。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×