東京五輪・パラ組織委 高橋尚子氏ら理事承認 橋本会長「大事なのは何をすべきか」

高橋尚子さん
高橋尚子さん

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は3日、都内で臨時の評議員会を開き、理事会における女性理事の割合を増やすために理事数を45人とする定款の変更と、シドニー五輪女子マラソン金メダルの高橋尚子氏(48)ら12人を新たに理事として承認した。これによって組織委の理事の女性理事は19人となり、比率は従前の20・6%から42・2%となった。

 新しく選任された理事では五輪・パラリンピックに出場した選手は2人だけだが、スポーツマネジメント、スポーツ政策、スポーツ医学、あるいは法的問題、日本の民族文化などといった多くの分野から人選。評議員会での承認後にオンラインで記者会見を行った橋本聖子会長(56)は「早急に(女性理事の)比率を上げさせていただいたが、大事なのは何をすべきかということ。専門家の皆さんの提言をまとめ、しっかりと発信していきたい」と語った。

 新しい理事は以下の通り。

 大日方邦子(日本パラリンピアンズ協会会長)、斎木尚子(日本スケート連盟副会長)、佐々木かをり(イー・ウーマン社長)、白石弥生子(東京都障害者スポーツ協会会長)、白波瀬佐和子(東大教授)、高橋尚子(JOC理事)、芳賀美津枝(登別アシリの会代表)、林いづみ(弁護士)、日比野暢子(桐蔭横浜大教授)、籾井圭子(JOC常務理事)、矢野晴美(国際医療福祉大教授)、來田享子(中京大教授=以上敬称略)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請