茨木ナニワ、豪快に、ドラマチックに”サヨナラ打”で全国切符…第51回春季全国大会大阪北支部予選

コールド勝ちを決め喜ぶ茨木ナニワナイン
コールド勝ちを決め喜ぶ茨木ナニワナイン

◆第51回春季全国大会大阪北支部予選 ◇小学生の部 ▽決勝 茨木ナニワボーイズ8-1大阪柴島ボーイズ(23日・寝屋川公園第1野球場)

 「第51回春季全国大会」(報知新聞社など主催、3月26日開幕予定)の大阪北支部(小学生の部)代表は、茨木ナニワボーイズに決まった。これで関西ブロック9支部の代表チームがすべて決定。組み合わせ抽選会は7日、日本少年野球連盟本部を中心にリモートで行われる。

 豪快に、そしてドラマチックに決めた。6点リードの5回無死一、三塁。佐々木が放った打球は中堅へ。犠飛には十分な当たりとなり、三塁から松井が悠々、生還。コールド勝ちが決まり、茨木ナニワナインがベンチを飛び出した。準決勝に続き“サヨナラ打”を放った1番打者も「今日も自分が決めるつもりだった。打った瞬間、大丈夫と思った」と満面の笑みだった。

 勝てば代表決定という大一番。それでも、自慢の打線にプレッシャーなどなかった。初回1死三塁から山口が「先制すれば流れが来る。走者を絶対にかえそうと思った」と左越えへ適時三塁打。あっさり先制すると、佐多も右犠飛を放った。2回には相手ミスにつけ込み4得点。4回には佐多が適時三塁打を放ち、リードを広げた。

 打線がスポットを浴びるなかで、大川監督がMVPに挙げたのが、先発・村上だ。初回、先頭打者にいきなり三塁打を打たれたが無失点で切り抜けると、5回を2安打1失点(自責0)。勝利に貢献した右腕は「めっちゃうれしいです。全国では準優勝が最高なので、今回は優勝します!」と力強かった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請